遺体管理学

           Human remains Lab










































ケアなのか、メイク・着付けなのか?








                            ケアとサポートの違い


 エンゼルケアの定義は明確には定めていません。
しかし、医療機関内で行う「死亡患者さんに対する処置」であっても、看護師が行うのか、病院指定の葬儀社が行うのかで「別の意味」があります。
看護師が行う場合は「ターミナルケアの延長」であり、葬儀社が行うのは「葬儀への円滑なサポート」と言えます。
そのために、医療機関内で行う「ご遺体への処置」であっても、エンゼルケアと分類される場合と葬儀サポートと分類する場合があり、
これらは担当するスタッフ分類だけではなく目的、その効果により細分化されます。
仮に、看護師資格を持った葬儀社社員がご遺体に対して行う場合は、これを「エンゼルケア」とは呼べません。

 これは、看護ケアと看護サポートが異なるように、「行為ではなく目的、効果、意味」を考えています。
そのために、医療現場での医師や看護師、福祉現場での福祉従事者が「死亡前から継続して行うケア(DOAを含む)がエンゼルケア、
「死後に依頼を受けて行う処置が葬儀サポート」と考えると分かりやすいと思われます。
また、大規模災害等で「死後に初めて対応する場合」は、法令や条例に基づいて守秘義務を有する医療従事者が行う場合は、広義の意味では
「法令に準じたエンゼルケア」であり、葬儀従事者が行う場合は「葬儀サポート」となります。

 エンゼルケアの大事な部分は「既往歴、原疾患や臨床病理症状、バイタル・サインや個人情報」を考えて行うことであり、これらは葬儀従事者では得られない「匿秘情報に基づいた処置」であり、ご遺体の予後を考える上で最も重要な情報に対応する処置です。
一方で、葬儀で行う遺体処置は「死亡診断書と僅かな家族からの情報しか無く」、ご遺体の死亡前の状態を読み取る事は非常に困難です。
特に、葬儀分野では「ご遺体の測定や計測、検査は行わず目視で判断」をするために、隠れた情報に気が付かない場合が多くあります。
ご遺体の変化は「目に見えない内部から始まる」ために、これらの情報を把握することが最も重要です。




〇年〇月〇日:ここに更新日を入力してください。
ここに最新情報を入力してください。
ここに最新情報を入力してください。
ここに最新情報を入力してください。
ここに最新情報を入力してください。


〇年〇月〇日:ここに更新日を入力してください。
ここに最新情報を入力してください。
ここに最新情報を入力してください。
ここに最新情報を入力してください。
ここに最新情報を入力してください。