遺体管理学

           Human remains Lab






















国家公安委員会




































警察庁 刑事局 捜査第1課 通達






検視官、死体取扱い業務 関係通達

平26年6月13日 丙捜一発第22号等  「死因究明等推進計画」に基づく取組の推進について

  発出年月日   文書番号                            名                   称
平25年3月8日 丙捜一発第3号  検視官の任務等について
      丙捜一発第2号  適正な死体取扱い業務推進について
      丁捜一発第21号  死亡時画像診断を委託した場合における画像の保管について
      丁捜一発第20号  遺族等に対する死因その他の参考となるべき事項の説明について
      丁捜一発第19号  警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律等の解釈について
     〃 丙捜一発第1号  警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律等の施行について
平25年9月30日 丁捜一発第98号  簡易薬毒物検査及び死亡時画像診断の積極的活用について

平24年9月6日 丁捜一発第124号  死体取扱い時における適切な遺族説明について

平23年6月16日 丁捜一発第71号  犯罪死の見逃し防止のための的確な検視・死体見分について

平22年8月26日 丙捜一発第150号等  的確な検視・死体見分を行うための体制整備について

平25年10月10日    国家公安委員会・警察庁新型インフルエンザ等対策行動計画

            警察庁の訓令・通達

HOMEへ                                                                                            ページTOPへ



警察庁  長官官房給与厚生課長 刑事局捜査第一課長 交通局交通指導課長  通達

司法解剖後における遺体修復及び遺体搬送に要する経費の公費負担による被害者支援について(通達)

平25年7月 4日 平成29年3月31日迄  司法解剖後における遺体修復及び遺体搬送に要する経費の公費負担による
 被害者支援について(通達)

遺体の修復は包帯、ガーゼ、絆創膏、化粧と着付け等であり、侵襲行為(縫合や切開等)は認められていない
愛知県警のフォーマット
司法解剖後遺体修復費用は各都道府県負担(一部国費補助あり)であり、概ね2万〜3万円程度
現場での運用は困難が多く、所轄署の警察官が違法解剖後遺体修復を行うことが多い



警備企画課

平26年7月24日 乙備発第12号等  国家公安委員会・警察庁新型インフルエンザ等対応業務継続計画の策定について



新規制定・改正法令・公示

政令

平25年3月8日  警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律施行令(平成25年政令第49号)



法律

平24年6月22日  警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律(平成24年法律第34号)



議員立法 (衆議院法制局

 法律第33号 s死因究明等の推進に関する法律 平成24年
 法律第34号  警察が取り扱う遺体の死因又は身元の調査等に関する法律  平成24年

内閣府   死因究明等推進会議       平成26年度警察庁予算請求概要(死因)
非自然死体の死因等の究明の適正な実施に関する法律案要綱   衆法 第166回国会 51



HOMEへ                                                                                       ページTOPへ